HOME > 最近解明された古代文明

最近解明された古代文明

考古学も他の学問と同様に、技術の進歩を伴って日々進化している。その為、古代遺跡の謎は少しずつ解明され、古代文明の様子も明らかになっている。ここではそんな最新の考古学で明らかになった古代文明について紹介している。

エジプトと太陽の船

古代エジプトは多神教崇拝であり、月や鳥、虫といった多くの神々が祭られるなかとくに重要視されていたのが太陽神であるラーだ。 太陽の船とは亡くなったファラオの魂が天空を太陽神ラーと共に旅す...

太陽の船の信仰について

クフ王のピラミッドなどが建てられた古王国時代第4王朝に続く第5王朝のころが、最も太陽神が信仰された時代だ。 ピラミッドは第3王朝の時代、太陽に昇るファラオの魂のための階段として作られたも...

謎の国ヒッタイト

ヒッタイトは謎が多く、100年ほど前までは聖書の中でしか見ることがなかったが、アルマナ文書やアナトリア高原で発見された粘土版などにより解明が進んでいる。 アルマナ文書からはヒッタイト王から...

ヒッタイトの遺跡

ヒッタイトの都であるハットゥシャシュはボガズキョイその物ではなく、正確にはボガズキョイの東と東南に広がる地域のことだ。 東側では王宮と大神殿の跡が発見されており、東南には市街地があったよ...

シカンについて

シカンは8世紀から14世紀ごろにペルーの北海岸の辺りで繁栄した文化だ。この文化は盗掘されるなどして科学的探査が行われずインカ帝国との混同したりされていたため謎が多かったが、未盗掘の...

ロロ神殿の貴族

シカンの墓に埋葬されていた貴族は骨などから見て40代前半の男性であると思われる。中南米の文化ではよく見られる幼児期に頭を変形させて作ったインカ頭と呼ばれる後頭部の平らな頭をしていた...

中国の白人ミイラ

乾燥した丘陵地帯が広がる中国の北西にある天山山脈の麓とタクラマカン砂漠の周囲にある四つの埋葬地からは紀元前2000年から紀元前300年程前のミイラが出土する。先史時代の物として非常に...

中国と西洋のかかわり

発見されたミイラたちが身につけているウールの衣服は、サンプルをとって調査したところ山羊か羊の外側の荒い毛が用いられており、厳密にはウールと呼べるものではかなった。荒い繊維を染めて格...

トップへ戻る