HOME > 遺跡から見る古代文明

遺跡から見る古代文明

太古の文明についてはそれが残した古代遺跡から、当時の様子など様々なことを知ることができる。しかしながら、古代遺跡にはまだまだ謎が残されているのも事実である。ここでは古代文明をしる足がかりとしての”古代遺跡の謎”について紹介している。

クフ王とピラミッド

古代エジプトではファラオと呼ばれた王は神と等しいものだった。現在でもギザに残されている巨大なピラミッドは現人神であり古王国時代第4王朝のファラオでもあったクフ王がつくり上げたものだ。紀...

クレタ文明とクノッソス宮殿

紀元前19世紀から紀元前14世紀にエーゲ海で繁栄したクレタ文明。ミノス王はこの文明のクノッソス宮殿を支配した王として知られ、ギリシア神話においても法の制定者や政治家として登場する。その...

消えた都市ポンペイ

ポンペイはかつてカンパニア地方というイタリア南部の地域にあった都市だ。 先史時代にあったベスビオ火山の噴火で流れ出た溶岩流の上に造られた街で、ギリシア人やエルトリア人といった多様な民...

マヤ文明と文字・暦

ユカタン半島の付け根にある熱帯雨林の辺りで繁栄した文明がマヤ文明だ。250年から900年の間に最も繁栄し、この時期のことを古典期と呼ぶ。都市国家のように、大きな神殿ピラミッドが並んで建て...

最古の都市国家ウル

ウルは人類で初めての文明がティグリス川とユーフラテス川の流域に造りだした都市国家の一つだ。この都市は約4000年前に最も栄えておりシュメール全土の首都となっていた。都市の大きさは縦...

テノチティトランとピラミッド

テノチティトランは14世紀から16世紀の間に栄えたアステカ文明の都だ。 元々、湖の小島につくられた街は湖畔の都市と提道で繋がっており、16世紀の初めにはそうした湖畔の都市よりも圧倒的に強い...

ストーンヘンジの謎

ストーンヘンジはロンドンの南西にあるソールズベリ平原に建てられた巨石記念物だ。これを誰が作ったかについては古くから議論があり、紀元前5世紀ごろのドルイド僧によってつくられたとされる説...

ナスカの地上絵の謎

ナスカの地上絵はペルーの南海岸にあるナスカ河谷の北の砂漠大地に広がっている。描かれたのは紀元前200年から紀元前600年のナスカ期のころではないかと思われる。 地上絵の描かれた理由に...

トップへ戻る