HOME > 古代文明と伝説について

古代文明と伝説について

古代文明は、世界各地に様々な”伝説”を残しています。ここでは、特に有名だと思われる聖書・未知の大陸アトランティス大陸・アレクサンダー王伝説について 、その真実と謎を解説しています。

旧約聖書とギルガメッシュ伝説

旧約聖書はイスラエル民族が紀元前12世紀から紀元前2世紀ごろまでの1000年もの歴史を書き残した記録であり、その初めの辺りはメソポタミアで実際にあったことを反映していると考えられる。 ギル...

旧約聖書と碑文

1964年、北シリアにあるアレッポの南西辺りがエジプトやメソポタミアの碑文に記されていたエブラという王国の首都であるということがイタリア隊による発掘で確認された。この王国は紀元前2300年ごろ...

モーセの出エジプト

旧約聖書の出エジプト記においてモーセは海を割り、イスラエル人をエジプトから脱出させた。 聖書学者たちには出エジプトがあったのはラムセス2世がエジプトを治めたエジプト第19王朝の時代、紀元...

理想郷アトランティス

たったの一日と一夜にして海の底に消えてしまった地上の楽園アトランティス。この物語はプラトンが最晩年に書いたクリティアスとティマイオスから始まった。 果たしてこのアトランティス物語に歴史的事...

アトランティスとクレタ島

1900年にクレタ島で発見されたミノア文明にはアトランティス物語との共通点が見られる。 クレタ島ではクノッソスをはじめとしたいくつかの宮殿が見つかっており、そこに住む王の中でクノッソスの王が...

アレクサンダーの誕生

アレクサンダーが誕生したのは紀元前356年。マケドニア王フィリッポス2世と王妃オリュンピアスの長男だった。 紀元前336年、父であるフィリッポス王が暗殺されるとアレクサンダーはすぐに即位。暗殺...

アレクサンダーとペルシア

紀元前331年、エジプトを出たアレクサンダーは必ずペルシア王のダレイオスを生け捕りにするため本国に増援を要請した。ギリシア軍に手を焼きながらも到着した増援と合流したアレクサンダーは北上...

アレクサンダーと遠征

マガダ国のことを知りそれを征服したいと願ったアレクサンダー。彼はガンジス川のその先にかつて師であるアリストテレスから教えられた東の海があり、さらにその先に進めば地中海やペルシア湾に到...

トップへ戻る