HOME > 謎の多い古代遺跡

謎の多い古代遺跡

世界各地には古代文明が残した多くの遺跡が存在している。古代遺跡からは文明の当時の様子を伺うことができるが、依然として解決されていない謎も多い。ここではそんあ謎の多い遺跡について紹介していく。

エジプトのピラミッド

エジプトのピラミッドはナイル川流域のアスワンからアブ・ロアシュというギザから北に7km行った場所の間に建てられている。また、ほとんどが太陽の沈む方角である西岸にあり、例外は一基だけだ。 最...

ツタンカーメンの王墓

ツタンカーメンの王墓は他の物と比べてあまり規模が大きくない岩窟墓だ。 合わせて四部屋から構成されているおり、玄室のみに描かれた壁画には埋葬の様子や復活の場面の他、冥界の書などが見...

シルクロードの楼蘭

シルクロードには草原を行く道や海の道が含まれることもあるが、狭い意味だと楼蘭を通過するオアシスの道を意味する。 時代ごとに道筋は変化していくものの4世紀ごろは東から西へ向かう道は酒...

古代アンデス文明

かつて陸地だったベーリング海峡からアメリカ大陸に入ってきたモンゴロイドたちがアンデス地域に住み始めたのが約12,000年前。紀元前5000年ごろにはそれまで生活の中心だった狩猟、採集に加え...

クントゥル・ワシ遺跡

丘の上につくられたクントゥル・ワシ遺跡は紀元前1000年ごろの神殿だ。大祭祀センターとして数百年の間使われていたが、紀元前200年ごろには破壊され、土砂に埋もれてしまった。 この神殿は何度...

イースター島とポリネシア

イースター島にすむ人々がどこから来たかについては南米説とポリネシア説の二つがあるが、近年はポリネシア説の方が有力である。イースター島の気候に適応できなかったものを除き、ほとんどの栽...

仁徳陵古墳

日本に存在するおよそ200,000基の古墳の多くが近畿地方に集まっている。大阪府にある百舌鳥古墳群には日本で最も大きい前方後円墳とされる仁徳陵古墳がある。 天皇陵に治定されている仁徳陵...

仁徳陵古墳の謎

仁徳陵古墳は世界的に見ても最大規模の王墓だ。このような巨大な王墓を作るにあたっては当時の最先端の技術と凄まじい労力が費やされたことが想像できる。 仁徳陵古墳の場合1,400,000立方メー...

トップへ戻る